家庭教師物語 home teacher

塾と家庭教師の比較2

お子さんの学力を心配する親心はとても理解できます、ですが早まった行動は後の後悔に繋がります。
親の一方的なシンパシーで学力アップを図ろうとする前に自分の子供の学力を確かめてください、そこからが本当のはじまりです。

ここで簡易的に塾と家庭教師のデメリットを書いてみますのでご参考にどうぞ。

学習塾

■メリット

@塾は膨大なテスト出題傾向データを年度別に保管してありそれに基づいてカリキュラムを組むことが可能。

A科目ごとに教師が勤務しているので個別の科目に関しては詳しく聞ける。

B多人数参加型が一般的で月謝がそこまで掛からない。

C同じクラスに成績を競う相手が居るので競争心の強い生徒にはうってつけ。

@塾のカリキュラム通りにしか授業科目を受けられないので受けたい授業が後回しになることも多い。

A授業についていけないとそのまま置いていかれる事も在ります。

B多くの生徒が一度に授業を受けるので一人の生徒の質問に時間を避けない。

C学校の延長と言う意味合いもあり、イジメも無いとは言い切れません。

D駅前等の住宅街から離れた位置に点在しているので交通の不便さもあります。

■デメリット

@自宅に訪問してくれるので交通の不便さは感じません。

A生徒と教師の関係が打ち解けると互いに遠慮なく質問や学習指導が出来るようになります。

B完全に個別指導ですので、学校での苦手科目を中心に勉強し苦手を克服できます。

C時間にも余裕が在りますので知りたい事は徹底的に教わる事が出来ます

D余談で教師の受験に対する経験など、ワンポイントアドバイス的な話も聞けます。

@個別指導の上に教師が訪問すると言う形式なので学習塾に比べ料金は高めです。

A専門科目だけでなく全ての教科に対する知識も教師に必要とされているので多少知識が乏しい事もあります。

B慣れすぎると生徒がおしゃべりして授業にならない可能性もあります。

C異性の教師ですと恋愛に発展する危険性が十分にあります。


あくまでこの表は私の調べた話をまとめたものですので、完全に当てはまるとは言い切れませんが大分参考になると思います。